home-delivery- laundry13

cleaning-ranking-banner02  

 

ネット宅配クリーニングはその高い利便性から今急速に伸びています。
ある大手ネット宅配業者によると毎年130%の勢いで業績を伸ばしているところもあります。

しかし、ネット宅配クリーニングの市場が伸びていると同時に、残念ながらトラブルも増加傾向にあります。
そこで、万一のトラブルを未然に防ぐためにも事前に知っておきたいポイントをまとめました。

この記事を読むことで、現在のネット宅配クリーニングのトラブル動向とその対策について学べます。
事前にリスクを知ったうえで、安心してネット宅配クリーニングの利便性を日々の生活に取り入れましょう。

 

ネット宅配クリーニングの相談件数は前年比約300%

まずはこちらのグラフを見てください。
こちらは独立行政法人国民生活センターに持ち込まれたインターネットを介したクリーニングの相談件数の推移です。
年々増加傾向が見てとれますが、2014年度は前年比の2.79倍、約300%の増加となっています。

スポンサーリンク

 

home-delivery- laundry10
出典:国民生活センター
※インターネット通販に関する相談には「インターネットを見て申し込んだ」等も含む。

 

続いて、ネット宅配クリーニングの主な相談内容の内訳についてです。
1位 補償
2位 クレーム処理
3位 ドライクリーニング

店舗型と異なり、クリーニング依頼時に直接その場での確認作業ができないことに起因する理由が多いようです。

 

home-delivery- laundry11
出典:国民生活センター

ネット宅配クリーニングのトラブル・相談事例

ネット宅配クリーニングの具体的な相談、トラブル事例をみてみましょう。

  • ネット宅配クリーニングのサービスの一つである『保管サービス』を利用した。
    引っ越ししたため住所変更を届けたところ、現物受領なしと言われた。
    その後の社内調査結果で紛失と判明した。
  • ワンピースとしてネット宅配クリーニングに出したところ、パーティードレスと判断され、5倍の料金を請求された。規定によりキャンセルもできないと言われた。
  • 申し込み当初3週間程度でお届けと言われ申し込んだが、1ヶ月経っても戻ってこない。電話連絡したところ、まだ作業中との回答だったため急ぐよう依頼した。無事戻ってきたが襟の汚れ落ちが不十分で苦情を申し入れたが対応してくれない。
  • 3万円で購入したブランド品の洋服をネット宅配クリーニングに出した。
    ドライクリーニングにもかかわらず誤って行ってしまっていた。社内の規約で補償上限額は1万円と言われた。
  • ネット宅配クリーニングに出したがお届け予定日を大幅に過ぎても戻ってこず、電話で問い合わせた。録音テープが流れ、メールで問い合わせするようアナウンスが流れた。
    メールを送ったが未だ連絡なし。

店舗型のクリーニングと異なり、面と向かって話せないもどかしさもトラブルをさらにややこしくしているようです。

店舗型と宅配型のクリーニングの違いについては、こちらの記事も読まれています。

ネット宅配クリーニングのトラブルの原因4つとは

国民生活センターに寄せられた相談事例から以下の4つの原因があげられます。

  1. 店舗型クリーニング店のカウンターのように持ち込み時の確認ができない
  2. トラブル発生時に非店舗型のためカウンター越しに直接交渉できない
  3. 営業窓口、工場、配達の3業務が別々の会社で運営されていることも多く、トラブル発生時の対応がスムーズでない
  4. ネット申し込み時に承認した事業者独自の賠償基準により十分な補償が受けられない

ネット宅配クリーニング申し込み前に知っておくべきポイント4つ

私たちが普段会社で仕事をしているように、ネット宅配クリーニングも人を介した事業であることにかわりはありません。
そのためトラブルそのものを100%ゼロにすることは難しいといえるでしょう。
しかし、トラブルを未然に防ぐポイントを押さえておくだけでもグッとそのリスクは減らすことができます。

ネット宅配クリーニング前に押えておきたいポイント5つ

  1. 街のクリーニング屋さんのような店舗型と、ネット宅配クリーニングのような非店舗型のメリットとデメリットを把握しておく。
  2. ネット宅配クリーニング利用時に承諾を求められる契約内容と賠償基準を十分に確認する。
    特にお気に入りの洋服やブランド品など高価な衣服をだす場合は、万一不測の事態となった場合に許容できるか判断しておく。
  3. ネット宅配クリーニングを利用する目的はクリーニングであっても、ネット通販のようにネットサービスの一つであることを認識しておく。
    各社の「よくある質問」などでトラブル発生時の問い合わせ方法などについて事前に確認しておく。
  4. 価格面やお届け日数など利用者の直接的なメリットの情報収集だけでなく、クチコミや評判のトラブル対応のコメントも参考に利用の可否について総合的に判断する。
  5. 注文時にクリーニング方法やしみ抜きの箇所など、できるだけ詳細を業者へ伝え情報共有しておく。

 

あたりまえのことも含まれていますが、知っているだけではリスクは未然に防止できません。

あなたの大切な衣服を預ける以上、料金面だけでなく真摯に対応してもらえる信頼のおけるクリーニング会社であるかも大事です。
これら5つのポイントも参考にご判断されてはいかがでしょうか。

 

主婦(説明_指さし)

ネット宅配クリーニング(宅配クリーニング)の補償金額について、おわせて知っておくといざというとき役に立ちますよ。