down-coat-cleaning02

cleaning-ranking-banner02  

ダウンのコートや、ダウンジャケットのクリーニングの値段って高いんですよね・・
普段着で使うユニクロの安いダウンやコートもあれば、旦那様お気に入りの高級モンクレールのダウンジャケットもあったりと家族の人数分あるだけに衣類の数も膨れあがっています。
だけど、年に一度は洗いたいし、安くクリーニングする方法ってないのかしら?

仕事が落ち着いて、身の周りのことに目が向けられるようになるとこんな悩みを抱えていませんか?
私自身、いままで近所のクリーニング屋さんにダウンコートを持ち込んでいましたが、そこでは2,800円近くかかりました。

できればもっと安くしたい。
そんな思いから気になるダウンコート、ダウンジャケットの料金相場をインターネットで調べてみました。

あなたが今利用しているクリーニング店の料金と比較していただき、さらにもっと安く賢く利用する方法もお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ダウンコートのクリーニング料金はピンキリ

『ダウンコート クリーニング 料金』を中心に上位検索されたクリーニング店のホームページからダウンのクリーニング料金を調べてみました。
ダウンコートの料金相場

クリーニング会社 料金(税抜)
白洋舍 7,000円
ホワイト急便 1,950円
ポニークリーニング 2,300円
うさちゃんクリーニング 2,290円
カーニバルクリーニング 1,200円
喜久屋 2,420円
ファッションケアのニック 2,500円
ハッピーケアメンテサービス 6,500円
エンパイヤー 2,050円
平均 2,821円

抽出条件:
『ダウンコート クリーニング 料金』をキーワードを中心にランダムに10社を調査
注:料金は2016年11月時点の結果であり、予告なく変わることがあります。
また、地域や店舗によっては料金が異なる場合があります。
ご利用時はご自身でご確認いただくようお願いいたします。

結果は、平均約2,800円となりました。
しかし、調査対象で最も高いクリーニング店で7,000円、最も安いクリーニング店で1,200円と大きな開きがありました。
思ったより価格差がある』というのが調べた結果の印象です。

最近はユニクロなど、安くてもデイリーで使うには品質も十分なダウンコートも身近に買える値段になりました。

クリーニング店に持ち込んだ後で、ダウンコートの購入価格よりクリーニング代金のほうが高くついたという話もないとは言い切れません。
ここで調べた相場の結果も参考に、ご利用されるクリーニング店に事前に確認しておくと安心ですね。

こちらの記事もクリーニング店を選ぶ際にあわせて読まれています。

ダウンコートを自宅で洗う時のポイント

ダウンコート一つ洗うのにこんなに料金がかかるのなら自宅で洗いたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
たしかに最近は自宅で洗濯可能なダウンコートも増えてきました。

自宅でダウンコートを洗う場合のポイントをまとめました。

自宅でダウンコートが洗えない洗濯表示

この表示があるダウンコートは残念ながら水洗い不可のマークのため自宅では洗うことができません。
クリーニング店によるドライクリーニングが必須となります。

coat-cleaning02

自宅でダウンコート洗濯可の洗濯表示

一般的に家庭洗濯が出来るとされるダウンジャケットは下記のようなマークのいずれかが、印字されています。

coat-cleaning01

自宅でダウンコートを洗う場合の注意点

  • ネットを使用
  • 手洗い、もしくは洗濯機の手洗いコースを利用
  • 中性洗剤で洗う

ダウンはとてもデリケートな衣類で自宅の洗濯は通常の衣類以上に注意深く洗うことを要求されます。
よく聞く失敗例ではダウンを自宅でキレイに洗えたけど、元のようにフアフア感に戻らなかったという声を聞きます。

奮発して買ったブランド品やあなたのお気に入りのダウンコートは、やはりプロの手に任せたほうが安心といえそうです。

スポンサーリンク

ダウンコートをクリーニングに出すときのポイント

  • クリーニング師のいるクリーニング店を選ぶ
    クリーニング師とはリーニングの技能、知識、衛星管理を習得した人に与えられる国家資格です。
    あなたのコートの素材にあわせてクリーニング方法を判断してくれます。
  • ダウンコート購入時の価格や思い入れ度を基準に選ぶ
    ダウンコートのクリーニングはもともと行程が多く、特に乾燥に時間がかかります。
    クリーニング代金が高いほど一着に時間と手間をかけることができ、仕上り満足度も高くなります。

クリーニング店はあなたの大事な衣類をお預かりして綺麗に仕上げてくれるプロです。
自宅洗いも可能ですが、ダウンやコートといった普段洗う頻度の少ない衣類についてはやはりプロの手の力を借りた方が賢明かもしれません。

自分で洗う手間、仕上がり、保管方法などを総合的に考え、あなたにとってベストな洗い方を見つけてみましょう。

 

モンクレールやカナダグースなど高級ダウンは専門のクリーニング店へ

衣類の中でも最も高価なのがダウンコートやダウンジャケットです。
なかでもモンクレールやカナダグースといった海外の最高級ブランドのダウンは10万円を超えることも珍しくありません。

そのような高価なダウンを日常使いのクリーニング店に持込むことは避けたいところです。
なぜなら、コストパフォーマンスが人気のクリーニング店は一般的に大型のクリーニング工場に運ばれ、他の衣類と同様に処理されることが多いからです。
万一、あられもない姿で戻ってきた時には目も当てられません。

やはり、高級ダウンなどデリケートな衣類は、高級ブランドのクリーニング実績の多い高級ダウン専門のクリーニング店にゆだねることで失敗のリスクを避けることができます。
洗えない、落ちないと断られたダウンも、受け入れてくれるクリーニング店もあるので知っておくといざというとき助かりますよ。

 

主婦(説明_指さし)

クリーニングって全部自分一人でやるものなんて思っていませんか?ダウンやコートをクリーニング店に持ち込むのってかさばって大変ですよね。近くによいクリーニング店がないとなおさらです。
クリーニング店に往復する時間だって本当はもったいないし、とにかくどこがよいか考えるだけでも面倒。。

大変なときは人に頼ってもいいんですよ。自宅まで取りに来てくれる、手間いらずで簡単な宅配クリーニングでいっきに他の衣類もまとめて片付けてしまってはいかがしょうか?自宅で完結できるシステムで一度利用すると今までクリーニング店を往復していた時間がいかにもったいなかったことか。。もう手放せません!

おかげで大好きなケーキ作りの時間もつくれるようになりました。もしあなたがクリーニングは面倒で手間だけど仕方がないと諦めていたのであれば、宅配クリーニングを知る価値は十分にあると私は胸を張ってお伝えします。